2017.10.25

トム・クルーズとダグ・リーマンがふたりで熱弁! 飛行機を乗りパク!?それでも愛される!誰もが憧れる実在の男!! バリー・シールのぶっ飛んだ魅力を語りつくす特別映像到着!!!

バリー・シールを演じたトム・クルーズと監督を務めたダグ・リーマンが、実在したバリー・シールの魅力を2人でこれでもかと語りつくす豪華特別映像が到着!

天才的操縦スキルを持っていたことをきっかけにただの旅客機のパイロットから、CIAや麻薬王相手に巨額の富を荒稼ぎするようになっていくバリー・シールのまるで嘘のようなぶっ飛んだ人生が描かれる本作。今回解禁されたのは、そんなバリーの生き様に感銘を受け本作の映画化を決定したというトム・クルーズとダグ・リーマンが、バリーの魅力について二人きりで熱く語りつくす超豪華な特別映像です!映像内では、政治に無関心で、どこにも属さず、ただ気にするのは飛行機を飛ばすための積み荷の重量だけというクレイジーなバリーの性格と、実際にあったといわれる飛行機乗りパクエピソードでのバリーのぶっ飛びっぷりに、思わず笑いが止まらなくなる二人の姿が映し出されています!!

aa59_fpt3_00054rv2

劇中では身体を張ってバリーを演じ、またパイロットとしてバリーにある種の尊敬の眼差しを向けているトムは、「彼は決して正義の味方ではないが、ヒーローだ。彼の冒険のような人生に誰もが憧れる。それが、バリーだよ。」と、破天荒でありながら誰にでも愛されるバリーの人柄を手放しで大絶賛!そして、トムと共に本作の制作を熱望したというダグ・リーマン監督は「トムと僕がこの映画を作る理由は、観客を楽しませる為だ。僕らと同じようにバリー・シールという人物に惹かれてほしい。驚愕の物語をみんなにも知ってほしい、今までにないスリリングな飛行機アクションを観てほしい、それに、バリー・シールという素敵な人物のことを映画を通して知ってほしいんだ。映画を観終わった時、色々考えさせてくれる何かが残る様な作品ができたことをとても誇りに思うよ」と熱いメッセージを寄せています。

aa59_fpt3_00127_0130ar_comp_crop

一方で、「当然、映画製作者として、世界的リーダーが関係する出来事については慎重に、そして正確に描かなければならない使命はある。映画製作者として真実を語らなければならないという責任感は当然持っている。さらに、僕自身の父親がアメリカ議会の為にこれらの出来事についての調査を行った張本人であるから、父親の仕事と矛盾するような表現は絶対にしないように心掛けていたよ」とバリーのぶっ飛んだ人生をエンターテインメントに描くだけでなく、真面目な姿勢で向き合ってことも明かしているダグ。バリー・シールのぶっ飛んだ人生と人柄に熱い想いを寄せるトム・クルーズとダグ・リーマンの新タッグ作『バリー・シール/アメリカをはめた男』を、是非劇場でお楽しみください!!

aa59_d013_00226_rv3_s-1