2017.07.04

トム・クルーズがキャリア史上最高に “ぶっ飛んでいる男”に挑む!『バリー・シール/アメリカをはめた男』10月より日本公開決定!!

トム・クルーズ主演作『BARRY SEAL(原題)』の邦題が、『バリー・シール/アメリカをはめた男』に決定し、この度、東宝東和配給にて10月より日本公開することが決定いたしました!!

aa59_d019_00043r_crop-1

1970年代、トランス・ワールド航空社の敏腕パイロットからCIAエージェントとなり、さらに天才的な麻薬の運び屋でもあった実在の人物=バリー・シールの生涯を完全映画化!!『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』等、数々の作品で描かれてきた、ワルでありながら強烈な印象を残してきたカリスマ的主人公に続く、アメリカ史上最高にぶっ飛んだ男の嘘のような人生のすべてを、スリル、アクション、コメディ満載で描き出す、クライム・アクション・エンターテインメントです!!

破天荒だが天才的、そして誰にも愛される才能と愛嬌を持ち合わせていた主人公、バリー・シールを演じるのは、映画界のカリスマであり、本作の制作を熱望したトム・クルーズ。監督は『ボーン・アイデンティティー』、『Mr.&Mrs.スミス』などで知られるダグ・リーマンで、日本をはじめ、世界中を沸かせた『オール・ユー・ニード・イズ・キル』以来、最強の2人が再びタッグを組みます!!

aa59_d040_00288_rv2_crop_s-1

パイロットサングラスをかけて飛行機を操縦するトムの姿は、近日続編の制作が決定した彼の代表作『トップガン』の姿を彷彿とさせますが、本作に度々登場するフライトシーンのスタントは、全てトム自身がこなしています。その危険を顧みない挑戦に監督も「開いた口が塞がらないほど、大胆不敵」とコメントするほどで、トムのこれまでと変わらぬ熱心な仕事ぶりを称賛しますが、同時に、これまでのイメージをガラリと変える役柄であることも強調。「これまで髪が完璧でないトムなんてお目にかかったことがなかっただろう?インターネットで髪が乱れたトムの写真を探してみるといい!今回はその正反対のキャラクターだ。彼はそういう部分をまったく躊躇することなく、積極的に受け入れたんだよ。」と語っています。

アメリカ史上最もぶっ飛んだ男、バリー・シールの数奇な人生の行方とは!?そしてこれまでにないほど奇想天外なぶっ飛んだ役をトムがどのように演じるのか!? ぜひ『バリー・シール/アメリカをはめた男』にご注目ください!!