1970年代、大手航空会社の天才パイロットとして活躍し、その後CIAから極秘密輸作戦のパイロットにスカウトされ、さらに麻薬の密輸で莫大な財産を築いた実在の人物=バリー・シールの生涯を完全映画化。破天荒だが天才的、そして溢れる才能と愛嬌を持ち合わせていた主人公バリーを演じるのは本作の制作を熱望したトム・クルーズ。監督は「ボーン・アイデンティティー」「Mr.&Mrs.スミス」などで知られるダグ・リーマン。「オール・ユー・ニード・イズ・キル」以来となる最強の2人が再びタッグを組み、アメリカがその存在を知られたくなかった“ヤバすぎる男”のぶっ飛んだ人生のすべてが、ついに明かされる。

天才的な操縦技術を誇り、民間航空会社のパイロットとして何不自由ない暮しを送っていたバリー・シールの元に、ある日CIAのエージェントがスカウトに現れる。CIAの極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わる事となったバリーは、その過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、麻薬の運び屋としてもその才能を見せ始める。ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円の荒稼ぎをするバリー。しかしそんな彼の背後には、とんでもない危険が迫っていた…。

トム・クルーズ、ドーナル・グリーソン、サラ・ライト、E・ロジャー・ミッチェル、
ジェシー・プレモンス、ローラ・カーク、アレハンドロ・エッダ、
ベニート・マルティネス、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ジェイマ・メイズ

監督:
ダグ・リーマン
脚本:
ゲイリー・スピネリ
製作:
ブライアン・グレイザー、ブライアン・オリバー、タイラー・トンプソン、
ダグ・デイヴィソン、キム・ロス
製作総指揮:
レイ・アンジェリック

  • トム・クルーズにしては珍しく悪人の役だけど頭がキレてカッコ良くて面白い映画ですね。トム・クルーズ主演映画のなかで、ベスト3に入ります。

    桐谷広人氏
    (個人株式投資家)

  • この映画のポイントは「①CIAのいい時代」「②パブロ・エスコバルの時代」「③麻薬の扱い方 取引手法 それにまつわる業種のアナログ時代」の3つです。詳しくは動画で!

    丸山ゴンザレス氏
    (危険地帯ジャーナリスト)

  • 「アメリカのため」という名目で、自己利益の追求を極める。才能ある男が送る、夢ある豪華な生活は反社会的な行為に基づいている。そんな昔の実話が映画になって面白い!でも、同じ説明が今の「ある人」にも当てはまるのが怖い。

    パックン
    (パックンマックン)

  • 正義と悪の狭間で動く、彼はキレ者なのか。または何も考えていないのか、、、でもそんなヤツが一番強いのかもしれない。ニカっとあっけらかんと笑うトム・クルーズとダブって、なんとも妙な説得力だ!サイコーだぜっ。

    有村昆氏
    (映画コメンテーター)

  • 奥さんに秘密の危険な内職にはまっていく究極のダメ男バリー・シール。演じるトム・クルーズが男前すぎて、危険!反則!お得!

    唐橋ユミ氏
    (フリーキャスター)

  • バリーの人生を政府の駒、組織の駒と評することはできる。だが、そういう我々は、バリーのように自分という存在を楽しめているのだろうか。体験に善悪や正負はなく、それはただ絶対値として存在する。光と影にあふれたバリーの人生を私は肯定する。

    服部文祥氏
    (登山家、作家)