1970年代、大手航空会社の天才パイロットとして活躍し、その後CIAから極秘密輸作戦のパイロットにスカウトされ、さらに麻薬の密輸で莫大な財産を築いた実在の人物=バリー・シールの生涯を完全映画化。破天荒だが天才的、そして溢れる才能と愛嬌を持ち合わせていた主人公バリーを演じるのは本作の制作を熱望したトム・クルーズ。監督は「ボーン・アイデンティティー」「Mr.&Mrs.スミス」などで知られるダグ・リーマン。「オール・ユー・ニード・イズ・キル」以来となる最強の2人が再びタッグを組み、アメリカがその存在を知られたくなかった“ヤバすぎる男”のぶっ飛んだ人生のすべてが、ついに明かされる。

天才的な操縦技術を誇り、民間航空会社のパイロットとして何不自由ない暮しを送っていたバリー・シールの元に、ある日CIAのエージェントがスカウトに現れる。CIAの極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わる事となったバリーは、その過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、麻薬の運び屋としてもその才能を見せ始める。ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円の荒稼ぎをするバリー。しかしそんな彼の背後には、とんでもない危険が迫っていた…。

トム・クルーズ、ドーナル・グリーソン、サラ・ライト、E・ロジャー・ミッチェル、
ジェシー・プレモンス、ローラ・カーク、アレハンドロ・エッダ、
ベニート・マルティネス、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ジェイマ・メイズ

監督:
ダグ・リーマン
脚本:
ゲイリー・スピネリ
製作:
ブライアン・グレイザー、ブライアン・オリバー、タイラー・トンプソン、
ダグ・デイヴィソン、キム・ロス
製作総指揮:
レイ・アンジェリック